So-net無料ブログ作成
検索選択

「耐えた甲斐あった動画」Super Moto Japan 第7戦 名阪スポーツランド参戦記後編 [レース観戦・参戦記]




えー、ようやっく動画含め、レースレポ後編出来ました。


動画のサイズが15分以内に収まらず、あれこれ編集してたら
こんな時期に来てしまったわけで。
テロップも入れすぎちゃったのを始めから編集し直し・・・

どんだけ暇なんだよって感じですね(--;)



それでは、ほんの少し予選だとかコース概要にも触れつつ
動画もお楽しみくださいm(_ _)m



s-名阪02.jpg


カッキーさん「気を付けてくださいね」

kiri         「大丈夫です。自分の妄想上は

       あらゆることが想定内です。」


と、レース前に勝手に盛り上がってる様子です。





 






各走行の結果は

タイムアタック  11位/13台

予選ヒート    10位/13台

決勝ヒート    5位 /13台


こんな感じになってます。
普通のレースだったら、こうも行きませんね(--)

でも、不確定要素が多い、何があるかわからないのは
ダート走行があるモタードだからこその魅力なんですよね。


コースそれぞれの特徴を、カッキー夫妻奥様よりいただきました
写真にて。





s-名阪04.jpg

一度も飛びきることが出来なかった(タブン)テーブルトップ。


この決勝日に初めて走行したとはいえ、飛び切ろうとする行動は
今迄練習してきた下積みがあるから、〇。

だけど、シッティングジャンプのつもりが、まったく違ったのが×。
立つタイミングも、ポジションも。アクセル操作も。

モトクロスって、ホント物理の世界だわ。




s-名阪07.jpg


名阪ABコースから、モトクロスコースへ移る上り坂。

ラリーみたいに、コーンだけで仕切ってレースをするのって
普通のレースと違って、かなり近い距離です。
主催のうずしおさんの心意気、素晴らしいですし、楽しかったです。



その反面。

もしレースを知らない方に広めようとするならば、ちょっとだけ工夫がいるかもしれませんね。
この日、かなり小さなお子様が、この区間にいたのをレース中に見てます。

ちょっとした柵さえ作ってしまえば、エンターテイメントとしては
すごく楽しいと思うんだけどなぁ・・・。

・・・家の近くの運動公園でもやれそうな気がしてくる(コラ





s-名阪06.jpg

その反対側、ABコースへ戻る斜面は

「名阪コークスクリュー」

と名付けられていたそうな、そうじゃなさそうな。


下る瞬間に、ほんの少し曲がっているためか

フロント切れ込んだまま下り坂へ進入
   ↓
フロント斜めで坂に着地
   ↓
前転&後ろからバイク突っ込んでくる


なんていう、おぞましいクラッシュも何度かあったそうで
体験された方「もういやだ」って言ってました。


なので、ここだけは飛ばせませんでしたね(^^;)コワイし。





それでは、運よく入賞した決勝動画、お楽しみくださいm(_ _)m











さて、これで一通りのイベントは終わり…。

子供に愛情?注ぎながらの、メンテナンスに入りまーす。



 
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。